婦人

10歳も老けてみられる顔のシミは治療で決別

メラニン色素を消すには

注射器

照射系の種類

肌にメラニン色素が沈着すると、シミ、そばかす、くすみなどになります。沈着してしまったメラニン色素を、スキンケアで消すのは容易なことではありません。ホワイトニング効果を謳った市販の美白化粧品には、シミを予防する効果があります。しかし、沈着してしまったメラニン色素を消す効果はないので、シミの改善はほぼ不可能です。特に年月が経過するとどんどん深層部に沈着してくるので、ますますスキンケアで治すことが難しくなります。沈着したメラニン色素を消したい場合は美容皮膚科・美容外科の「美白治療」が効果的です。美白治療をすればシミ・そばかす・くすみが消えることはもちろん、元の肌よりも白くきめ細かい陶器のようなツルツルの肌になります。美白治療には沢山の種類があります。院内で治療を受ける場合は、レーザーやフラッシュなどを照射してメラニン色素を消す方法があります。短期間で格安にシミをなくしたいなら炭酸ガスレーザーがお勧めです。レーザーをあてることで、狙った部分にあるメラニン色素が炭酸ガスの働きで分解されてなくなります。炭酸ガスレーザーの料金は、シミ一個あたり5千円〜1万円です。一般的に多い紫外線でできるシミ・老人性色素班であれば、たった一回の治療でなくなります。顔全体の美白をしたい場合は、フォトフェイシャルやフォトシルクプラスなどのフラッシュ系の照射治療が効果的です。フラッシュはレーザーよりも照射面積が広く、頬に散らばったそばかす、沢山あるシミを消したい時に役立ちます。フラッシュはマイルドな作用があるので腫れや痛みなどが皆無です。治療をして数週間すると、メラニン色素がかさぶたになり、剥がれてなくなります。さらに、ニキビ跡、毛穴の開き、赤ら顔の改善にも効果があり、一度で幅広い美容効果を得ることができます。美容皮膚科では、フォトフェイシャルやフォトシルクプラスの一回の料金は、顔全体で1万円〜2万円が目安です。深層部にあるメラニン色素を消したい場合、美肌効果も得たい場合は、「3週間に一回×5回」を目安に治療をするのが理想的です。しかし、やりすぎると逆に肌に負担がかかるので、最低3週間の期間を開けて繰り返すことが大切です。治療と併用して、トラネキサム酸などの美白効果がある飲み薬や、ハイドロキノンなどの塗り薬を服用するとさらに美白効果がアップします。